imidas2006

安心できる医療に巡り合うために

imidas2006

健康欄 執筆

2006.1

(株)集英社 出版


 何事においても、行動を起こす前には判断・決断が存在する。人間は生きていくうえで絶え間ない決断の連続をこなしている。その中でも特に重要な決断として医療決断がある。

診断の役割は医師が担うが、医療決断は患者側が担うことになる。セカンドオピニオン、本やインターネット、マスコミなど様々な判断材料を集めて、最終的には自分自身が判断・決断することになる。

それが、インフォームド・チョイスに代表される、自己責任医療の根本思想である。

  • 病気への新しいアプローチ
  • 社会環境と病気
  • 健康管理のキーワード
  • 日常的な病気と対策
  • 新しい医療への挑戦
  • 変遷する医療の仕組み
  • 医療の品質管理
    

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.