負担増でもこだわり重視 自由診療じわり

141030_jiyushinnryoujiwari_nikkei.jpg

らいふプラス

医 療

 

日本経済新聞(夕刊)

2014年10月30日(木曜日)

 


 

負担増でもこだわり重視 自由診療じわり

保険外の施術◆時間かけ診察
 
健康保険や社会保険を使わない自由診療。
 
患者の経済的な負担は重くなるものの、診察に十分に時間をかけられたり、
 
手間のかかる治療法を選択できたりといったメリットもある。
 
医師らの「こだわり」に賛同し、選択する患者も少なくないようだ。

~省略~

寺下医学事務所(東京・千代田)が展開しているのは、月額3万円程度の相談料を払い、

必要な時に専門医療機関を紹介するしくみ。

保険診療では健康的な人が常時利用するような相談は含まれない。このため自由診療で対応する。

現在は50人ほどが契約。

医師でもある寺下謙三代表は「健康時から関係を築き、有事の際には信頼できる医師と徹底的に相談できるシステムは

現在の保険制度では不可能だ」と話している。

 

 
    

関連エントリー

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.