寺下謙三の病気解説

Home

  • blog1
  • blog2
  • blog3
  • blog4
  • blog5
  • blog6
  • blog7
  • blog8
  • blog9
  • blog10

スマホ老眼

2020/07/27

(概説)

「スマホ老眼」とは、明確な医学用語ではなく、一般的に使われるようになった社会的用語といったものです。もしかしたら、今後、同名称か名前を変えて医学用語としても使われるようになるかもしれません。「スマホ老眼」の明確に統一された定義は今のところありませんが、「スマートフォンやタブレットPCなどの使い過ぎにより、目の調節機能の低下が起こり、近くの小さな文字が見づらいというような老眼とよく似た症状が出てきた状態」と解釈すると理解しやすいでしょう。そのためには、まず焦点を合わすという目の仕組みを理解しましょう。最近の高性能カメラは、自動焦点機能といって、目標物にレンズを向けると瞬時に焦点が合います。そのような自動焦点機能の最高峰が、我々人間の目なのです。ところが、残念なことに年齢とともに、レンズにあたる「水晶体」が固くなり、また、その水晶体を伸び縮みさせる「毛様体筋」の力が衰えてきて、ピント調整が難しくなります。特に近くを見る時には、水晶体が厚くならなければなりませんが、うまくいかずに、それを補うために凸レンズのメガネが必要になります。これが老眼鏡です。(ちなみに近視の場合は、凹レンズのメガネをかけることになります。)加齢による老眼では、このように「水晶体が硬くなること」と「毛様体筋が弱くなる」ことが同時に起こりますが、「スマホ老眼」では、若い世代でも、スマホなどを長時間連続して使用することにより、毛様体筋の調整能力が一時的に低下してしまう現象です。一時的とは言っても、長期間にわたり、この状態が持続すると老眼への移行を早めたりするという報告もあります。

(症状)

「近くのものが見にくくなり、少し距離を変えると見やすい」「スマホを使った後に目が霞む」「夕方夜に、スマホ画面が見づらくなる」「眼精疲労を感じる」「涙目になったり、乾いたり、充血する」などの症状が出始めると、「スマホ老眼」のリスクを考えなければいけないでしょう。

(対策)

何よりも、長時間続けてスマホなどを使用しないことです。連続30分、長くても1時間使用すると10分以上の休憩をするなど、自分でルールを決めるのがいいでしょう。休憩時は、遠くの景色などを見ると効果的です。スマホなどの明るさをなるべく暗めに調整し、ブルーライトカットのメガネの使用や保護フィルムを貼りましょう。表示文字を大きめにするのもいいでしょう。日常生活での予防が大切で、スマホの使いすぎは目のみならず、脳全体の疲労や機能低下にもつながることを意識したいものです。

 

新型コロナ対策を医療判断学的に考える

2020/07/09

「命かお金か?」新型コロナ対策での命題です。両者は同時に成立しない「トレードオフの関係」と言われ、政府の舵取りの難しさの理由となっています。この文章が皆様に届く7月ごろは、感染状況が落ち着いて、感染を怖がりながらも様々な経済活動が復活し始めているでしょうか?それとも、静まっていた感染の再拡大がすでに始まってしまっているでしょうか?その頃を想像することすら怖い感じがします。私は、医療判断学に基づいて、「患者さんの医療意思決定をサポート」することを生業としています。「安心の提供」こそ、私の仕事上の最大のテーマなのです。その考え方が、コロナ対策のいろいろな場面において役立つかと考えました。

医療判断学とは

「医療判断学」という概念は、私の独自の考えに基づいたもので、まだ一般的に使われている用語ではありません。しかしながら、医療の現場では、医師にとっても、患者にとっても無意識に医療判断に関わっています。1995年より10年間にわたって、慶應大学医学部で薬理学特別講座として、医学生向けに講義を行いましたが、最初のうちは「診断学」と混同されていました。その講義の冒頭では、「診断は医師が行う科学的な作業であり、医療判断は、その診断に基づいて、主に患者側が行う総合的な作業となる」と説明していました。日本においては、昭和中期までは、後者の医療判断も医師が行う傾向がありました。「医師の父権主義」と評されます。「良かれと思って半ば強制的に行う助言実行」となるでしょうか。ところが、近年になり、日本でも、インフォームドコンセント・チョイスの考えのもとに、医者の説明責任と患者の意思決定とがセットになって導入されました。この考えは正論ではあるのですが、実情は判断できない患者が不安に陥り、極端な場合は、ドクターショッピングに走ったり、悪徳商法に近い療法に惑わされ標準治療のチャンスを逃したりなどの被害も出ています。

医療以外の一般論としても、「判断基準」には、様々な形があります。科学的事実(理論)だけでなく、社会経済学的要素、心情などを中心に、習慣、環境、助言(命令)、時には「掟(おきて)」などもあるでしょう。医療の分野において、その辺を紐解いていくのが「医療判断学」です。

 

新型コロナ対策に医療判断学を当てはめてみる

医学専門家委員会の見解が、前述の「診断」にあたり、政府はその「診断」を踏まえて、更に「経済」を考えて総合判断する必要があり、まさに「医療判断」に相当します。幸い今までのところ(5月末執筆時点)、世界的にみると、COVID-19による日本人の死亡率はかなり低いと言われて、その理由を探る研究がなされています。BCG接種事情や白血球型であるHLAなどの関与が推定されていますが、今のところ正確な理由は不明です。少なくともこれまでの日本の対策が、他国に比べて数十倍、数百倍良かったからではないことははっきりしています。最前線の医療現場での丁寧さ、日本国民の生真面目さや清潔感、マスクなどを着用する習慣(驚くことに100年前のスペイン風邪の時にすでにありました)、靴脱ぎ習慣など複合的な要因も加味されていることは間違い無いでしょう。自粛数ヶ月で感染者数は激減しました。前述した日本の元々の国民性があったからこそでしょう。

さて、これからどうするか?残念ながら、誰もが納得する正解はまだありません。短い間の経験からですが、新しい生活様式が提案されました。しかし、未知なるものとの戦いですので、良かれと思った行動にも失敗はつきものです。それを隠さずに素直に認め、日々改善していくという姿勢こそリーダーには望まれると私は考えます。トンネルには必ず出口はあります。

PDF SmileReport Vol14 記事.pdf

メニエール病

2020/04/27

(概説)

「めまい」を起こす病気の代名詞のように思われている印象を受けますが、いかがでしょうか?最近では「良性発作性頭位めまい症」が、有名人がかかった病気としてマスコミでも取り上げられ、めまいを起こす病気の両横綱というイメージでしょうか?「めまい」は数ある症状の中でも、重症感を感じさせる嫌な症状の代表の一つです。しかし、慌てる必要のない良性のものから、救急処置が必要なものまで、医師でさえ、その原因の診断は結構難しい場合も少なくありません。この機会に知識を整理しましょう。

(原因)

内リンパ水腫という内耳の中の浮腫が原因であることが解ってきています。その原因にストレスが強く関連しているようですが、そのメカニズムに関しては現在のところ不詳です。

(症状)

定型例としては、数分から数時間続く回転性めまい(時に浮動性めまい)が反復し、難聴、耳鳴り、耳閉塞感などを伴うことが多いようです。非定型例として、症状の組み合わせが多彩なパターンも存在しますので、耳鼻科の専門医の診断が重要になります。

(治療)

ストレスが大きく影響し、内耳の水の代謝が関与するので、禁煙、良質な睡眠はじめ規則正しい生活が大切です。薬物治療としては、めまい発作の急性期には、メリスロンやトラベルミンといった内服薬やメイロンという点滴静注薬が使われます。めまい発作が治まっている間欠期にはアデホスといった薬や漢方薬も使われます。大抵は、こういった保存的治療(手術などを伴わないいわゆる温和な治療)で落ち着いて行きますが、なかなか治らない重度の場合は、水腫の外科的処置や内耳の一部の機能を制御する治療も選択されることがあります。

(生活上の注意)

今まで、お話しした通り、ストレスが大きな誘引となりますので、日頃から規則正しい健康的な生活を心がけることが肝要です。めまいの原因を診断することがまず重要ですので、しっかりと診断を付けていただき、メニエール病と判断されたら根気よく治療に臨むことが肝要です。

 

血栓症

2020/01/06

(概説)<今回は内容の関係上、概説のみとなります>

「血栓症」という言葉は、一つの病名を指すのではなく、身体に生じうる一つの病態を示す言葉です。医学を勉強するときも他の分野と同じく、総論的なことをきちんと理解しておくと、各論の理解がたやすくなります。この機会に「血栓症」の勘所を理解しましょう。

「血栓」とは、その字のごとく「血液が血管の中で固まり、血管を栓のように塞ぐようになる状態」という意味合いです。動脈にも静脈にも生じ、身体のいろいろな場所に発生し得ます。主なものに、脳の動脈に生じる「脳血栓」、心臓に起こると「心筋梗塞や狭心症」、下肢に起こりやすい「深部静脈血栓症」(これは「エコノミー症候群」として有名ですね)、肝臓の重要な血管に起こる「門脈血栓症」など、いろいろな「血栓症」があります。

血液は、血管の中ではサラサラとして固まってはいけないのですが、血管が何らかの理由で破れて、血液が血管外に漏れ出た場合は、なるべく早く凝固し、それ以上の出血を防がないといけません。つまり血液は、この相反する二つの役割を状況に応じて使い分けなければならないのです。その仕組みが、「血液の凝固系」と呼ばれるもので、生命維持システムの基本の一つでもあり、医学生を悩ますような、とても複雑な仕組みを通して我々の身体を守ってくれています。

通常は、血液はそのようにうまく機能してくれていますが、生活習慣病や加齢、長時間の同じ姿勢などの要因で、凝固系のバランスが悪くなると、血管内で血液が固まり小さな血栓が生じ、それが次第に増大する悪循環に陥り、血管の狭窄や閉塞が起こり、その関連の臓器障害が発生します。また小さな血栓が、血管壁から剥がれて、血流に乗って流れ、脳や肺など離れた重要な臓器への血管を詰まらせることがあります。そういった場合を特別に「塞栓」と呼びます。

血栓症の予防には、凝固系のバランスを乱す原因ともなる高血圧、脂質異常症など生活習慣病の改善がまずは肝要です。場合により「血液サラサラの薬」などと呼ばれる一連の抗凝固薬が処方されます。血管が詰まった場合の治療は、その部位により異なってきます。

起立性調節障害

2019/10/28

(概説)

思春期に好発する自律神経機能不全であり、立ちくらみ、失神、朝起き不良、倦怠感、無気力、動悸、頭痛、食欲不振、顔色が悪いなどが主な症状です。以前は、思春期の一時的な自律神経障害や低血圧気味の体質、という程度に考えられていましたが、最近では重症型も存在し、不登校や引きこもりの原因の一つでもあるとのことが明らかになり、本疾患の重要性が唱えられています。学会による診断治療ガイドラインも刷新されるようになり、最近では2015年に改定されています。世界的にみても、特に日本での研究が進んでいるようです。専門家の間で起立性調節障害は、その英語の頭文字をとって「OD」と略されて使われます。

(原因、症状、診断)

根本的原因は不明ですが、身体的要因と心身的要因が重なり合っていると考えられています。軽症も含めると中学生の1割程度が本症に含まれるとの報告もあります。診断は、まず原因となる他の身体的疾患を除外することが大切です。その上で、上記の主な症状が3つ以上か、2つの強い症状があれば本疾患を疑います。その上で、「新起立試験」と呼ばれる検査を行い、4つのサブタイプ(起立直後性低血圧、体位性頻脈症候群、神経調節性失神、遷延性起立性低血圧)の判定を行います。

(治療)

家族や学校からは、怠けなど気持ちの問題と解釈されやすく、本人と保護者の関係性が悪くなることが多いので、きちんと診断を行い、本疾患であるならば身体的病気であることの理解を深めながら接することが大切です。起立時の動作はゆっくりなどの注意事項や十分な水分や塩分の適切な摂取、定期的な運動(歩行)や十分な睡眠などが大切なことは言うまでもありません。

それでも改善されない場合は血圧を調整するような薬物を使用します。認知行動療法などの心理療法も有効です。

(生活上の注意)

保護者や学校関係者が本疾患のことを十分に理解し、慎重に見守ってあげることが何よりも重要です。

▲ページ上部へ戻る