このサイトは寺下謙三のブログサイトです。

Home

  • blog1
  • blog2
  • blog3
  • blog4
  • blog5
  • blog6
  • blog7
  • blog8
  • blog9
  • blog10

200615コロナが教える人の道37 第1波良かったこと悪かったこと

2020/06/15

誤りをきちんと認めることから、改善や進歩が生まれると思う。
今までの、日本の対策について、良かったこと悪かったことを列挙してみる。

(良かったこと)残念ながらかなり少ない。

初期の頃は、政府の専門委員、とりわけ西浦先生や押谷先生が、ほぼボランティア的活動で、クラスター潰しをまめに行ったことにより、爆発的増加が抑制されていた。

何よりも、最前線で活躍した医療現場の医師、看護師らスタッフが使命感のみに支えられ献身的に丁寧に対応し尽くした。

国民の大半は、マスク着用、手洗い励行をすでに自主的に厳密に行っていた。故に効果的な手洗い方法もすぐに習得できた。また、西欧に比べて人同士の物理的距離感もあった。

罰則なしの自宅待機、自粛要請にも大方の国民は素直に従い耐えた。

全国の医師会が横のつながりの力を発揮した(驚いたと言えば失礼だが、期待していなかっただけに。厚労省が動かないので業を煮やしたか?)

理由は、現在までのところ、不詳であるが日本を含むアジア人の死亡率は低く済んだ。(BCG、遺伝的要因などが推定されているが)

 

 

(悪かったこと)残念ながら無限的に多い。順不同で思いつくままに列挙する。

何よりも政府として初動が遅かった。(中国武漢でのニュースを見て知った一般国民の敏感な人々よりも認識が遅かった!)

PCR検査数を意図的に絞ったことは間違いない事実であり(理由はどうであれ)、このことが後々まで、悪影響を与え続けた。そもそも検査能力が低かったが、その能力を上げる努力が遅れた(今も遅れている)

厚労省、政府は事実をリアルタイムに国民に伝えなかった(いつものことであるが、今回は「いつもの」状況ではないのに!)

疑い症状のある初期の相談窓口を保健所の「帰国者接触者外来」に限定することにこだわり続けた。

PCR検査を、保健所を中心とした公的機関だけに限定することにこだわりすぎた。(以上などの理由は、厚労省<医系技官>が自由に操れる範囲でやろうとしたように見える)

しかるに、保健所は、今回のような感染症パンデミックによる国家的危機へのトレーニングを受けていないし、予算人員も十分でなかった。むしろ、最近では減らされていた。

厚労省、政府の指揮系統がその場的であり、責任体制も取れていなかった(ように見えた)。

専門家委員会などで、どのような討議があったかを公開せず、国民は報道番組を通じて知るしかなかった。(後々、専門家委員の発言は匿名化した、との大臣の説明があり、皆驚いたし、専門家委員さえも驚き実名で記録して良いと訴えた)こんな調子であり、国民はもとより、コロナ医療の現場からの意見さえもフィードバックできる体制は皆無であった。厚労省(の一部、もしくは政府)が絵に描いた餅をこねくり回しているうちに何が何だか分からなくなっているように見え、対策は後手後手となり国民の不安は増強した。

上記の根本原因に基づくが、「37.5度C以上4日間」「PCR2度陰性が退院の条件」「指定感染症であるから、軽度でも無症状でも入院」という不文律がかなり後々まで(5月末でも)現場では通用していた。いずれも、結局は破綻した決め事となった。決め事は大切であり、初めてのコロナ対策であるから、間違うこともあるが、途中で間違いを認めて柔軟に変更していく姿勢が厚労省、政府にはない。それどころか「国民や保健所の勘違い」などと責任を国民側に転嫁する大臣の恐るべき発言に流石に国民も怒りを覚えた。

PCR検査を絞ったにもかかわらず、その後の、トリアージのシステムが全然できていなかったから、最前線では大混乱。コロナを受け入れているそれぞれの病院の担当部署の医師が、個人的な努力で、患者さんの振り分けを行っていた。それは限界ギリギリであったし、コロナ以外の救急患者さんにも逼迫した影響が出ていたことを理解して、今後の対策を考えないと恐ろしい現実は半年以内に迫っている。

トリアージに絡んでいるが、そもそも医療機関の役割分担システムができていなかった。これこそが日本の医療システムの弱いところ。個々の病院は、大きいところではワンストップ的に医療の全領域をカバーしているが、病院間の役割分担と連携のシステムができていなかった。それおぞれの病院のリーダーの能力と使命感に委ねられている。国も厚労省も東京都も病院を束ねる能力を持った人・組織がない。

政府や厚労省より、国民への事実報告のメッセージがないために、国民は疑いの目で、自分の国のリーダーを見るしかなくなった。「本当のところはどうなっているんだろう?」と。
「すぐに指定病院に入院できる人もいるのに、救急車でたらい回しになって手遅れになった人もいる」
「早期にアビガンを服用して回復した人もいるらしいのに、入院どころか、いつまでも検査すらしてくれない」
「自宅待機や宿泊療養など、どのように振り分けられるのか不安だ」
いろいろな不安が生まれ、一人歩きし、膨張していった。

詳細は不明だが、補償問題が盛んに論議されているが、今回のコロナ禍で、駐車場に発熱外来棟を作ったり、院内の感染対策を特別に作り上げた医療機関が多いが、国からの要望と経済支援のもとに行ったかと思っていたが、なんと自前で使命感のみで行ったという。これから何らかの支援を行うかもしれないが、あまりにも後手である。また、コロナ対策のために、他の病気の患者さんや医療機関への皺寄せも大きいが、そんなところへの国からの経済的支援は今のところほぼ皆無だと聞いている。第2波の時は、使命感は擦り切れていないかとても心配である。

このような使命感を持った政治家や役人はいないのか?せめて2割くらいいると国民は救われる?かもしれない!

こんな中、使命感どころか、その根本的人間性すらを疑わせる事件が勃発した。
ご存知、黒川検事長問題と政府業務の丸投げ中抜き問題である。国家的危機に陥っている最中に「なぜ????」これだけ国民も野党も注目しているこの時期ですら、平気で「自己利益のみに走る」ことをする人々をリーダーとして国民はついていけるか?
我々、医療専門家は、医学医療の範囲内でコメントするべきであろうが、その根本になる「使命感」「人間性」抜きには語れない。いくらシステムを見栄えだけで作っても「仏作って魂入れず」となるからである。あまりにも政府や厚労省が酷すぎるから、大阪の吉村知事には、後光が指しているように見える。だから大阪府民は団結し、ものの見事に感染者をほぼ0まで、押さえ込み、東京と差をつけたと私には見える。今、ほとんどの国民は吉村さんのような人に日本の代表になってほしいと願っていることは間違いない。

だんだん熱が入ってしまい、冷静に箇条書きに、とはならなかった。

 

2006609コロナが教える人の道36 強盗か空き巣か詐欺か?

2020/06/09

「強盗か、空き巣か、詐欺か?」どのような方々のことを言っているか、察しの良い読者の方は気づいているであろう。散々、不透明なお金の使い方や検察人事のやり方をしていると野党や報道機関から責められている、こんなコロナ禍の真っ最中に、またもや超不明朗な会計が明るみに出た。コロナ対策の事務作業を巨額な予算で民間に委託するという。それだけでも怪しいのに、それを友人企業が役員を務める幽霊社団法人経由である。しかも、そこから丸投げで電通へ委託。770億円のうち20億円を抜いている。%からすれば目立たないつもりであろうが、何もしない法人に20億円も与えていることになる。その法人には電通など官邸と親しい企業からの形だけの派遣社員23名。一人1億円近い金額になる。そして電通から、また再委託。その先は、先ほどの怪しい社団法人へ出向させている企業の関連会社。二重三重に搾取している。
これは、国会論議マターではなく、検察マターである。そうか、それで検事長人事が大切になるのか、、、、

こんなことをしているから、必要とする国民にお金が回るわけがない。

誰がこんな政治家を選んでいるのか?今は、国民のほとんどがそう思っている。しかし選挙の時期になると、忘れてしまうのである。また、いろいろなしがらみの忖度もあるのか?はたまた、他に選ぶ人がいないのか?

200529コロナが教える人の道35 悪いことばかりじゃない

2020/05/29

「誤りを認めることから、改善や進化が始まる」と人には偉そうに言っている手前、このブログの内容は、どうも「悲観的」「批判的」「自虐的」気味になりがちだと認めないわけにはいかないだろう。

今日は「コロナが教えてくれたいい話」のことを話題にしたい。昨夜のテレビ、通俗的で恥ずかしいのだが、「神対応動画」のようなものを次々と紹介する番組があった。皆さんも何度も見ていることであろうが、医療関係者やインフラを支える人々への様々なメッセージが映し出された。何度見ても涙する映像である。自分が医療関係者だからというわけではない。「健気に命をかけて任務を遂行する人々」「そのことに心から感謝する人々」代表的な名作映画の「アルマゲドン」に代表される、感動映画のストーリーそのものである。人間はそもそも、助けあったり、励ましあったり、犠牲的に貢献したり、感謝したりすることに喜びを感じるようにできている、と僕は思っている。歴史的災害に見舞われたときに、国内外から助けがくる、そして必ず言われる言葉は「絆(きずな)」である。

「三密」はまさに「きずな」の象徴でもある。今回の「コロナ災害対策」は、この三蜜を避ける、つまり「きずな」を避けるというふうにも見えてしまうところが、今回の事態の最も辛いところではないだろうか?イタリアの田舎のように、老若男女が狭いテーブルを囲んで楽しく夕べを過ごしている様子が羨ましいほど好きな光景であった。ところが、そんな密を、このウイルスは襲った。
結果、悲しいかな、今後の対策の柱は「ソーシャルディスタンス」となった。

先ほどの「神映像」の一つであるが、イギリスの99歳の一般国民である老人が、命をかけて頑張る医療従事者への感謝を込めて、通常歩行も困難な中、歩行器を持ちながら庭の端から端までを100往復するので、医療施設への寄付を呼び掛けた。目標金額は13万円であった。ところが、驚いたことに、数週間で30億円集まったというのだ。多くの人々が感動して寄付に参加した。今や、イギリスで、その老人は女王の次に有名になったと気の利いた解説があった。「きずな」を求めての行動の威力はすごいということだ。今回のコロナ禍で、このような話は珍しくない。

「お金」か「命」か、はたまた「こころ」かという命題を、色々な講演会やエッセイで投げかけてきた。前2者はよく比較される。今回の大問題もその点にあった。しかし、ここにきてようやく「こころ」の重大さも取り上げられるようになった。「不要不急」のことは、まるで疎外されていた。しかし、不要不急のことにこそ、我々のこころを豊かにさせてくれる大切なものがいっぱい詰められている。

この困難を、人間の叡智が、きっと乗り越えていくであろう。なんとか今は、自分にできることを一所懸命して生き延び、それを見届けたいものである。

200526コロナが教える人の道34 だから心ある国民が考え抜くことが必須!

2020/05/26

前ブログで書いたが、今年の暮れには訪れるかもしれない巨大な感染の波を最小限にするためには、我々国民一人一人が真剣に考えなければならない。特に、自分の身の回りの仲間で比較的リーダー的存在である人は、その責務があると身を引き締めるべきだ。「私はそんなリーダーではない」と逃げていてはダメだ。こんな零細なブログに目を通していただいている人は、みなさん、そのような選ばれたリーダー的国民だ。
次の感染の波は、大きな意味では第2波と考えるのが分かりやすいであろう。(小さい分類では、中国武漢からの波が第1波、ヨーロッパからは第2波などと細かく分類している場合もあるが、ここでは大きな波を考えた方が、対策も考えやすい。)
その第2波では、今回のように「また、自粛すれば良いのでしょ」と、まるで「禁煙は何度も成功している」という愛煙家に近い発想では乗り切れない。今回の様々な事象を分析し、特に失敗とも思われることをきちんと認め、今から準備することが必要だ。国や自治体が考えるべき医療体制としては、検査体制があまりにも貧弱だったこと、それに伴いトリアージが最初の頃全く機能していなかったことだ。この辺をきちんと改善しないと今度はひどい目に遭うことになるだろう。
我々個人は何をするべきか?感染症対策の基本は、検査と隔離であることは、今時誰でも納得している。感染していない人同士は、いくら密接しても大丈夫なのである。日本では1%程度以下と言われる感染者を避けるために、99%の人が自己隔離をしないといけないから、経済も教育も楽しみも全ての活動を控えるしかない。この矛盾をいかに少なくするかという英知を、国レベル、企業レベル、学校レベル、家庭レベルなどあらゆる集団レベルで考え抜かないといけない。
100%の完全はあり得ない。例えば、PCR検査の感度は7割程度と言われている。思いのほか低いことに驚くが、事実だとしても、例えば7割の感度の検査を2度行うと、91%に、3度行うと97%の感度になる(計算上はであるが)。このように考えると、今盛んに言われている、簡便安価時短の抗原検査でもやりようによっては9割程度の感度まで持ち込める。しかも唾液でできるようになればもっと安全簡便である。
今回、政府の対応でもっとも気になったのは「スピード」だ。「目詰まり」と表現していたが、目詰まりだらけだ。37.5度4日間待機の問題はじめ、唾液検査ができると言いながら、いつまでも鼻の奥に綿棒を突っ込んでいる。検査の報告は手書きファックス。一度決めたことをいつまでも続けているという官僚的な体質が染み込んでいる。今や、テレビやネットなど一般人への情報スピードは早いのに、国の体制を改善するスピードはめちゃくちゃ遅いから余計にそう感じる。しかも、その失態を「勘違いされた」と認めないどころか健気な保健所の職員や国民のせいにする体質。いくら形式的に詫びても同じことを繰り返す。

そんな国民のリーダー役を即刻入れ替えるべきだが、代打がいないから困ったものだ。人は権力を一旦握ってしまうと、その維持や増大に懸命になり、本来のやるべきことの改善に努めない。改善するための行動には、時に権力をなくすリスクが伴うからだ。政府は馴れ合いの集団だと言われている。なぜこんな人がこの専門の大臣なのか?と思うような不適格、無能力な人が就任している不思議に笑って見過ごしているしかできない自分たちも恥じないといけない。

200526コロナが教える人の道33 何が不安なのか?

2020/05/26

緊急事態宣言後、毎日のように「今日の感染者数はどうか?」と夕方になるとそわそわとしてしまう。果たして、期待通りに順調に東京でも全国的にも新規感染者数は減少してきた。そして、この1週間で、全国から首都圏も解除に漕ぎ着けた。これでこのウイルスを撃退してしまったわけではないことは、誰しも知っているが、まず一安心と感じている人は多いであろう。
しかし、医療関係者を含め、事態を冷静に見ている人々は「不安は去ったわけではない。」と思っているであろう。僕などは、気が小さいから、一層の不安が迫ってくる。今回の感染の波では、日本は先進国の中では、感染者数、死亡者数ともに圧倒的に少ない。能天気な誰かさんが「日本モデルの勝利」みたいな発言をしていたから、僕などはますます不安に陥る。日本の感染者、死亡者が少ない理由は今のところ不詳である。様々な理由が考えられるが、アジアの他の地域も死亡者数が少ないので、何らかの人種に関係する遺伝要因によるものもあることはほぼ確実かと僕は推定している。また、日本人の生活様式も影響したことも間違いない。少なくとも、政府や厚労省の方針が絶大な効果をあげたということはないであろう。ただし、専門家集団の8割おじさんはじめ、最前線で働いた医療スタッフの涙ぐましい努力は、死亡者を低く抑えたことに貢献しているだろう。しかし、感染者数が低いことと、医療レベルの高さとは直接関係ないことは自明の理である。
ということで、今回の日本の感染者コントロールは、複数の幸運が重なった、と考えるのが妥当であろう。それだけ感染者が少なかったのに、東京など首都圏では、ほとんど医療崩壊といっても過言ではないくらいの医療危機に陥っていたことを忘れてはならない。ほんの数ヶ月前の恐ろしい状況である。

これからしばらくは、感染者が少なく、医療にしろ、経済活動にしろ若干の余裕が生まれるかもしれない。その時にこそ、次への準備を怠ってはならない。そんな時に、検察の停年問題を強行しようとした。結果はお粗末であった。それでも平然と能面のように原稿を棒読みする人、たどたどしく言い訳原稿を棒読みする法律関係の偉い人、今回のコロナ禍のリーダーであるべき厚労省に人たちの「棒読み軍団」を見ていると、この人たちをこの未曾有の災禍から助けてくれるリーダーととても思えない。とてつもなく不安である。それにしても情けない話だ!それでも我々国民が選んだ人たちなのだから受け入れざるを得ないのであろうか?
 

▲ページ上部へ戻る