このサイトは寺下謙三のブログサイトです。

Home

  • blog1
  • blog2
  • blog3
  • blog4
  • blog5
  • blog6
  • blog7
  • blog8
  • blog9
  • blog10

200909 主侍医通信より コロナも用心しなければなりませんが、、、

2020/09/09

「コロナ、コロナ」と言っているうちに、今年も後半の半ばとなりつつあります。

この新型コロナについても、この半年で、いろいろなことが分かりつつあります。

医学、感染症学的には、まだまだ未知の部分も多いのですが、私が特に気になるものを列挙してみます。

「感染経路は食事時などの飛沫感染が最も多いらしい」

「無症状や軽症の割合がインフルエンザなどに比べると多い」

「重症化のパターンは様々であるが、どうやら免疫機構の問題が絡んでいるらしい」

「欧米に比べて、東アジアが感染者数、死亡者数が少ないのは何らかの理由があるようだが、BCGや白血球型やコロナウイルスによる普通感冒の感染経験などの要因は、鋭意研究中である」

「ワクチン開発のスピードは、異例の速さで進んでいて、頼もしい限りですが、RNAワクチンやDNAワクチンの実践使用は世界でも初めてなので、期待と不安要素が交錯しています」

などまだまだ不確定要素が多い状況ですが、近い将来有益な報告が出てくるものと期待しています。しかし、この半年で世界の医学的知見には大きな前進が見られると私は受け止めています。

これらの医学的見地を踏まえて、我々はどうのような行動をしていくかですが、「政府や厚労省に任せていても、具体的な行動指針はほとんど示されなく、」自治体や挙げ句の果ては個人任せにしているキライもある。「自粛から自衛へ」と考えを新たにして、感染を防御しながら、生活も有意義にしていくことを自ら考えて行動していくしかありません。

新型コロナだけが病気ではありません。がんや心臓病、脳血管疾患、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、そして何よりも嫌な「老化」という天敵があります。世界中が怯えた「新型コロナ」ですが、パンデミックから半年以上経ち、これからは他の病気も見据え、有意義な生活様式を考えていかなくてはなりません。そのための助言を含めて、できうる限りのお手伝いをしたいと考えておりますので、どんな些細なことでもお問い合わせください。従来通りの電話でもよろしいですし、ラインやZOOMなどビデオ通話によるご相談も可能です。

8月に入り、都内の新規陽性者は、ゆっくりと減少傾向で、若干は安心していますが、今後秋冬の状況がどうなるのかまだまだ心配です。

今後出来る医学的予防対策としては、まずインフルエンザのワクチン接種を基本的にはお勧めします。インフルエンザの完全な予防とまではいきませんが、確率論としては有効と考えています。ワクチン以外にまずインフルエンザの基本対策(手洗い、うがい、洗顔、感染者との距離など)をしっかりして、その上で、今後のコロナのワクチンに関しましては、状況をみながら、私としての考え方を皆さんに提供して参りたいと思っております。

PCRはじめ、検査体制はまだまだ不十分ですが、こちらの情報も日々更新しながら、状況を皆様にお伝えできるように努めたく思っています。

200908コロナが教える人の道45 またも感動、諦めない手を抜かない職人たち

2020/09/08

コロナ騒ぎの中、いろいろな人間模様が織りなすドラマが各所で起こっている。このブログでも、日本のリーダーたる人たちへの失意を再三伝えてきた。コロナ禍のなか、素晴らしいリーダーになかなか出会わないことを体験したが、日常の生活の中では、ほっとするような人間像を見ることも少なくない。そんなおり、先日、長年懸案だった、築後20年の家屋のいろいろな修繕や追加工事を実行した。20年前に親友のインテリアデザイナーがプランして、その時工事を担当してくれ、以来信頼しているAさんに依頼した。今まで、何度かちょっとした工事をお願いしていたが、今回、専門外とも言えるような内容もお願いしたが、「何とかします」の一つ返事で引き受けてくれた。しかも相当安い見積もりだ。当日は4人の職人さんが朝イチ9時ぴったりに来てくれた。皆さん、このご時世なので、マスクを着用しているが、見覚えのある顔だ。全員が、同じ会社ではないらしいが、よく一緒に仕事をするということで、そのチームワークが素晴らしい。4人が、9カ所ある作業をある時は1:3、ある時は2:2とコンビを組みながら作業をしていく。実に自然に共同作業をこなしていく。木屑などのゴミが出れば、最も若い人がさっと掃除機をかけていく。これではもとよりきれいになるのでは?と申し訳なく思ってしまう。玄関に棚を作ったり、風呂場のシャワーヘッドを交換したり、築後20年にして初めてかける表札を取り付けたり、無理して依頼し、階段下に曲がった形のカーテンレールをつけていただいたり。そして、半ばついでに頼んだことだが、この数年、換気扇のスイッチが2、30回に一回作動するという具合に効かなくなり、メーカーに頼んでも「部品がないので、交換しかありませんね。」と冷たくあしらわれどうしたものかと思案していた。「無理かもしれませんが、スイッチ内部を覗いてみましょう」と。特別仕様の換気扇なので、複雑なパネルを一つ一つ外して、スイッチ部分を露出していく。パネルの外側は、妻は油汚れなどを清掃できていたが、裏側は清掃のチャンスはなく、相当油で汚れていたので、さりげなくこの機会に洗おうとタイミングを計っていたが、何と洗剤まで持ち込んで、手のあいた職人さんが次々ときれいに拭いてくれる。「あっ、自分たちでやります!」と声がけしたが、むなしく清掃まで任せることになった。スイッチ部分は、なかなか手強いが、こちらも清掃することで改善するかもしれない、と言いながら丁寧に4人がかりであれやこれやとして、試しにコードをつないでスイッチを入れてみるとファンが動くではないか!「モーターはまだまだきれいだからこのまま使えるぞ」と職人さんたちは嬉しそうに言う。僕が「さすがAさんチーム、諦めない、手を抜かないだ。僕が日頃自分に戒めていることなんです」と喜んで言う。「でも、諦めないと思って懸命にしているうちに壊してしまうこともあるんです」と一人の職人さんが苦笑いしながら。すかさず、僕も「だから、『やりすぎない!』と言う言葉も付け加えているんです」と、一同苦笑い。「皆さんのようなチームワークが、今の内閣や官僚にあれば、日本はもっとよくなるのですがね」
「これで、全て完了ですね」と言いながら、ばらした換気扇のパネルを順番に取り付けた。職人の方達が、あちこちに広げていた道具類を整理し彼らの車に積み込みに行った時に、妻と「長年オンオフに苦労した換気扇のスイッチだったけれど、これでポンっとつけられるね」と言いながら、ニコニコしながらスイッチを押してみた。が、、、な、なんとつかないではないか!「これは今更言えない、言えない」と妻。「でも言わないでいると、彼らは、我々が喜んでくれていると思っているのに、実はガッカリしていた、というのもかえって悪いよ。」と、自分を勇気付けながら、そして、ドキドキしながら「申し訳ありません。今再度試してみたら、また、点かなくなっているんです」と。せっかく完了したと思って、道具も片付け、帰り支度をしたというのに。僕が、職人さんたちの立場だったら、きっと嫌な顔をしていただろう。ところが、彼らは全くもって面倒がらずに、また道具を用意し、養生のビニールまで新たに貼り直すではないか!?「今度は慌てずに、もっと徹底的にスイッチ部分を清掃しよう」と4人ともに面倒そうな素振りは一切ない。それから1時間後、パネルなどを再装着した。問題なく、スイッチは作動した。そして3日後の今日も、快適に作動している。

僕自身が、日曜大工的なことは好きなので、こういった工事の時は、普段見ることの少ない、壁や天井の中を一緒に観察させていただくのであるが、大抵は職人さんたちの真面目さ、熱心さに感心、感動する。今回は、権力闘争に明け暮れる官邸の様子を目の当たりにしている時だけに、その感動はひとしおだった。

感謝の一言である。このような仕事をしたいものだ。(本日、たまたま患者さんのご家族から、感謝のお電話をいただき、僕も負けないぞ!と思った次第である、、、、)

200814コロナが教える人の道44 ほうち?国家日本

2020/08/14

新型コロナ陽性者が急増し、「自宅療養」「入院調整中」なる人が東京だけでも1000人を超えてきている。そもそも「宿泊療養」なども、聞こえの良いような言葉を作ってはいるが、要するに指定感染症に認定しているにもかかわらず、病床が追っつかないので、苦し紛れの対策に最もらしいネーミングをつけただけである。「この感染症に対する予測が甘く間違っていました」と、まず、政府や厚労省が間違いを認めることをしないから、どんどん混乱が広まっていく。いまだにPCR検査が身詰まりを起こしているのは良い例だ。「過ちを認めないと進化や改善はない」と、以前にも述べたが、鉄則ではないだろうか?「調整中」と言っているうちに、2週間もすれ軽症者は、回復していくことを期待しているのだろうが、その間、軽症者の中には、動き回る人は少なからずいる。残念ながら間違いない。つまり感染者を野放しにしているのと同じである。これでは医療者がいくら頑張っても、次から次へと感染者は増える一方である。「法治国家」と自称する日本だが「放置国家」となってしまっている。政府や厚労省よ、周囲から嫌われる覚悟で国民の命を守るために、賢明で勇貴ある行動を願う。

200814コロナが教える人の道43 政府が放つGoTo爆弾に苦しむ沖縄

2020/08/14

沖縄のコロナ感染者が急増している。米軍が持ち込んだコロナに加えて、GoToで炙り出され沖縄に乗り込んだ旅行者が持ち込んだことに疑いの余地はない。政府は何もしないどころか、感染対策にとってしてはいけないことをやっている。「経済を回す」という金科玉条を振りかざして。そして、半額になるなら旅費が高くて割引額が増える沖縄に行こうと言うさもしい考えが根底に流れ、ご覧のような惨状となっている。本来の目的を見失って見返りに期待して飛びついて、「ふるさと納税」び群がる人々となんだか似ている。そもそも高収入者に有利なこの仕組みは僕は嫌いだが。

それにしてもいい加減にして欲しい、政府の無策と横暴。

200806コロナが教える人の道42 最善を祈り、最悪に備える

2020/08/06

「最善を祈り(期待し)、最悪に備える(想定する)」言い古されている言葉かもしれないが、様々な危機管理の基本的スタンスだと僕自身も座右の銘にしている。個人的な状況でも、医師として患者さんを診るときも、忘れてはいけない言葉だと思っているが、時に、どちらか一方に傾いてしまう。つまり「最善を期待しすぎるあまり、対策が甘くなってしまう」ことになったり、「最悪を恐れるあまり、萎縮してしまったり、悲観的になりすぎてしまう」ということだ。今や国家的危機である。政治家こそこの考えをきちんと意識して、たとえ周囲のものに嫌われようとも、専門筋の意見や討論を参考に熟慮した上で迅速に決断実行していくしかないのである。「仲間から嫌われても」「国民のためになると判断したら」「全責任を取る覚悟で」行動していくからこそ、政治家は国民から選ばれ託されているのである。「偉そうに言うなら、お前が政治家になれ」と言われるときもあるが、「僕などは周りの仲間を大切にしたいお友達大切派だから、政治家になれない」と堂々と答えるようにしている。だからこそ本来政治家は英雄的存在なのである、と僕は思っている。
では、今現在のコロナ状況に関して、最善は何かというと、「もしかして新型コロナウイルスは弱毒化してきたから、重症者が少ないのでは?」「ワクチンもまもなくできて、感染拡大防止もなんとかなるのでは?」「政府や都知事は医療は逼迫していないと言っているから、なんとかなるのでは?」「自分の周囲には感染者もほとんどいなく、そこそこ活動しても簡単には感染しないのではないか?」などなどである。反対に、最悪の想定とは、「コロナウイルス生存の不利とも言われているこの夏場でもこの感染状況だから、秋冬になると爆発的感染が顕著になり、イタリアやアメリカのような悲惨な状況が目前である」「重症者が少なく見えているのは、現在は若者の陽生判明者が多いだけで、タイムラグをもって、これから重症者が激増して、医療があっという間に逼迫する」「有効なワクチンなど簡単にはできない。期待が先走っているだけだ」「ウイルスは弱毒化どころか、感染力、毒性ともに強くなるのでは?」など、悲観的な想像はどんどん膨らんでいってしまう。

今までの状況を考えると、政府を当てにできない。なぜなら、全く過ちを認めず反省する兆しがないからだ。イギリスのジョンソン首相は、最初はこのウイルスを甘く見ていたが、状況に素早く反応し、その過ちを潔く認めて、正反対の施作をとった。3月、4月の日本政府、厚労省の対策は、もちろん有効な部分もあったが、失敗も多かった。でも結果は、感染拡大は抑えられたかに見えた。それを「日本モデルの勝利」などと自ら自慢していたことに恐怖さえ感じた。厚労省の偉い人は、一部の失敗を認めるどころか「国民や現場の勘違い」などと言った。のちに失言だと訂正しようとしたが、過ちは認めていない。こんな人々を日本の医療のリーダーに野放しにしているのが日本の現状だ。

だから「自衛」するしかない。また、もっと小さい地域の単位で、まめでスピーディーな対策が進み、模範となっていくことが望まれる。

▲ページ上部へ戻る