このサイトは寺下謙三のブログサイトです。

Home

  • blog1
  • blog2
  • blog3
  • blog4
  • blog5
  • blog6
  • blog7
  • blog8
  • blog9
  • blog10

210622 コロナが教える人の道54「おもてなし」五輪活用

2021/06/22

「お・も・て・な・し」という手振りのついた言葉に、日本中が湧き立ったのは何年前だったか?「トウ↗︎キョウ↘︎」というオリンピック開催が東京に決まった時のプレゼンスピーチだった。(日本のプレゼンスピーチの中で、国際的に評価の高かったのは別のスピーチだったと聞くが)後付けで言うわけではないが、その時になぜか違和感を感じたのは僕だけではないのではないかと思っている。

僕の頭の中では、この「お・も・て・な・し」という言葉が、まるで5段活用のように変遷していって、笑うに笑えない。ブラックユーモア、ペーソスになるが、少しご紹介したい。

「お・か・ま・い・な・し」
まさかこのパンデミックの感染状況で、オリンピックを強行開催するのか?と国民の過半数は憂慮していたと世論調査が示していた。また、医療関係者を中心とする専門家委員会も、最初の頃は僕の穿った感触では、政府の言いなりのように見えたが、流石に「オリンピック開催を断念するべき」という方向に舵を切った。そんな提言を無視するかのように、強行開催に向けて突っ走っている。まさに、世論や専門家の意見など「おかまいなし」状態である。

「ろ・く・で・な・し」
今回のコロナ騒動で、政府や東京都幹部の発言を聞いていると、「腹を括って、私が責任を持つ」という態度がどなたにも見られないのが、残念である。国民から選ばれた政治家なのであるから、もっと堂々と信念、勇気を持って話してほしい。責任転嫁を担保しながら話しているように見えるのは、僕の猜疑心のせいだろうか?「ろくでなし」と叫びたい気持ちを抑えている。もっとも、僕にはそんな立派なことができる政治家になる自信も資質も皆無だが。

「な・し・く・ず・し」
五輪開催の是非を問うていたかと思えば、いつの間にか無観客か否かにすり替わり、またまた知らぬ間に、5000人か10000人という論議にすり替わっていった。このようなすり替えは、元々今の政府の得意技なのであろう。広辞苑では「なしくずしに既成事実ができていく」という例文で示している。

「な・ま・ご・ろ・し」
緊急事態の解除判断の時もそうであるが、政府判断を示す時期が遅れがちである。PCR検査もワクチン接種も判断がゴテゴテに回った。五輪開催の判断も遅れ遅れで、一所懸命なアスリートたちは、まさに「なまごろし」状態に置かれた。緊急事態の時の飲食業などの方々も同様であろう。

「ひ・と・ご・ろ・し」
「おもてなし」の活用形の最終は、このような不吉なものにしたくはない。五輪のおかげで、未知の変異コロナウイルスが蔓延するという事態だけは避けたい。五輪開催の影響でのコロナ感染症による死者は「ゼロ」を死守したい。

「ひ・と・で・な・し」
せめて、「おもてなし」の最終活用形は「ひとでなし」程度で収めたいものだ。日本の各界のリーダーたちの皆さん、自分を多少犠牲にしても、国民を守ることに尽力する格好いい模範となる姿を世界に見せつけてほしい。日本の「おもてなし」の精神の真髄は「わび さび がまん 武士道」にありというところを。さすれば「おもてなし」の五輪活用の最終形は次のようになることであろう。

「こ・の・う・え・な・し」

 

それにしても、「トウ↗︎キョウ↘︎」と選ばれたのは

「び・ん・ぼ・う・く・じ」

であった、、、

210414豊かさ・幸せを哲学する3 正義は必ず勝つ、とは限らない

2021/04/14

「正義は必ず勝つ!」コミックなどでよく出てくるセオリーだ。果たしてそうだろうか?と疑問を投げかける御仁は多いのではないだろうか?僕もその一人である。むしろ、正義はか弱く孤独であることが多いのではないだろうかとさえ思っている。最近の歴史ドラマでもあったが、僕が中学生の頃習ったり読んだりした歴史物では「明智光秀は裏切り者」「それを征伐した秀吉は偉かった」的に刷り込まれた覚えがある。見方によれば、明智は正義の人で、秀吉は権力を追い求めた卑しい人のようにも見える。その他の歴史上の戦いを制した人物も「正義」のように描かれがちだ。戦国の武将でも明治維新で活躍した偉人にしろ、歴代の総理にしろ権力を握ったものが、その後を動かす中心人物になるから、まるで正義のように描かれがちである。権力の座を獲得したものは、正義どころか人民を治める実力や意識すらもないことが多い、というのが歴史の流れではないだろうかと考えるようになってきた。残念なことではあるが。このところが「豊かさや幸せを哲学する」ためのポイントとなると考えている。
「金力」「武力」「権力」を持ったものが結局支配できるとしたら、「豊かさ、幸せ」は最大多数化することは叶わない。アジアのどこかで、この民主主義の世の中で、武力で支配するクーデターが起こった。民主派の国民も機関銃の前ではひとたまりもない。「酷い国だ」と特別視したくなるが、世界の大国も似たり寄ったりの国が少なからずある。もっと広げて解釈するなら、「金力、権力」が支配する世の中へ着実にしかも加速しながら進んでいる現状は、空恐ろしい状況でさえある。日本も例外ではない。世界中で「貧富の二極化への警鐘」が鳴らされているが、今からかなりのブレーキを踏まなければ、コロナの感染どころではない。欲望というなの「最強のウイルス」が全人類に蔓延り、ニッチもさっちも行かなくなる。
そのことへの一つの抵抗の兆しが「資本主義の終焉」を主張している論客たちであろう。
今後その辺の論議を深めていきたい。

210414コロナが教える人の道53感染しないさせないための意識とは

2021/04/14

久々に、昨日このブログを書いたら、夜のニュース番組で、「何よりも国民の意識が大切です」という誰かのコメントを耳にした。僕のブログを見てくれた人だ!と思いたいところだが、このブログの零細さを十分に自覚はしている。少なくとも、そのコメンテイターの真似をしているのではないのだが、そういうふうに思っている人が少なからずいることに安心はした。
というのも数日前に近所の人気の小さな町中華屋さんに妻と早めの夕食であれば混んでいないかなと覗いてみた。店員さんが「2名でしたらすぐ空きます!」と呼び入れてくれた。ラッキーと思っていたら「相席でお願いします」との声。今回の緊急事態宣言前ごろから来ていなかったが、何らかの対策をしているかと思っていたが、元々狭い座席に詰まって座る店なのに、相席とは!一瞬怯んでやめようかとも思ったが、短時間で済ませるし、、、と思い中に入ると、いつも年配の常連さんが多い店なのに、ほとんどが20歳代のお客さんで溢れかえっている。示された相席では、隣の方と腕が触れ合うほど。対面には、申し訳程度のビニールのシートが弱々しく垂れ下がっている。「えい、ままよっ!」と席についた。なかなか注文を取りに来てくれないので、妻が声がけするも気づいてくれない。すると隣のカップルと思しき若い二人組の男の子が店員に気付くようにキョロキョロと目配せしてくれている。周りを見ると、男女のカップルがほとんどだ。4月のこの時期なので、近くの大学に入学した学生たちなのかもしれない。コロナの感染のことがあるから、その混雑ぶりに当惑したが、そこにいる若者たちの様子は、周囲の方に配慮して、とても静かに話していて、とても好感がもてた。隣のカップルは、食事が終わるときちんと手を合わせて「ご馳走様」と呟きながら、我々の邪魔にならないように気を配りながら離席していった。若者たちの感染を無視した行動がテレビで報道されるが、全くそのような傾向はなく、警戒する我々の方が恥ずかしいくらいであった。
それにしても、席を少なくして間隔を開けるどころか、ビッチリと窮屈に相席をさせている売り上げ至上主義の経営方針にとても違和感を覚えた。テレビにもよく登場して、いつも行列ができる店で、このコロナの中どう考えても経営は良好であろう。もともと8時を過ぎると店じまいになる。こういった店にも、同じく助成金を支払っているのであろうか?貴重な税金を!

政治や官僚にとって、公正な判断と公正な処置は難しいのは否めない。そこをなんとか工夫して乗り切っていくのが、選ばれし者たちの任務である。
「会食の自粛」「ステイホーム」など言いにくいことを伝えなければならない立場の模範になるべき人々が、まず、しっかりとした意識を持って欲しいものである。

210413コロナが教える人の道52我慢の限界か?細やかな配慮と意識に期待

2021/04/13

前回、2月16日に投稿してから2か月も経過してしまった。あのまま感染者が抑制され、無事ワクチン接種へとつながり、オリンピック実現も満更夢のまた夢ではなくなるのではないか、と期待していたが、ご覧の通りの惨状となってしまった。大阪をはじめとした関西の様子を見ても、残念ながら人の動きと連動していることは否めない。一体いつまで?我慢も一部では限界に来ているようにも見える。そもそも「我慢の限界とはなんぞや?」何と比較すればいいのか?何をどのように我慢をすればいいのか?国民は、その指標を見失いつつある。
僕の周りの人たちは「1年間外食していない」「昨年初めから、可愛い甥っ子にも合っていない」など、自ら厳しい感染防御行動をとっている方が少なからずいる。周囲にはシニアの方が多いからだろう。確かに、最近の東京の新規感染状況を見ても、65歳以上の感染者はかなり低く抑えられている。圧倒的に20、30歳代の感染者が多い。4月のこの時期、特にその年代の人々の活動する機会が多いから当然のことであろう。その年代の感染者がうねりを持って他の年代に拡大していくことが予想され警戒もされている。またもう一つ気がかりなのは、小学生中学生の感染者がじりじりと増えていくことだ。小中学校での集団感染が発生し始めると、抑えが効かなくなるし、この時点でさらに学校閉鎖が広がると教育現場の混乱は必至である。
頼みの綱は「ワクチンの普及と効果」だと、多くの人は期待している。イギリス、アメリカ、イスラエルなどを観察するとその通りだと僕も思う。
欧米の悲惨な状況に比べると、日本の感染拡大は、その人口密度や人の流れに比して、低く抑えられていることも事実であろう。その最大の理由は、国民一人一人の「細やかな配慮と意識」であろうと僕は推察している。確かに、一部の若者(中高年の中にもいるであろうが)の傍若無人な行動の報道には、目を背けたくなるが、身の回りの若者を見ている限りでは、活動はするものの、周囲の人への配慮はきちんとしている人の方が圧倒的に多い。そういった「細やかな配慮と意識」は我慢ではない。それぞれの人の、人間性や品性だ。
暗くて嫌なニュースが多い昨今、昨日嬉しいニュースが日本中を駆け巡った。「松山のマスターズ優勝」優勝パット直後、キャディーの早藤くんが旗をホールに戻した後、コースに向かって一礼した。我々日本人にとっては珍しくもないであろうが、その行為に世界中で称賛の声が上がっているということを聞いて、鼻がたかい日本人も多い。人種差別の多い地域だけに、その意義は深い。ありがとう!

210216コロナが教える人の道51 国民の努力も報われつつある

2021/02/16

新規感染者数は、なんとかピークをうち明らかな減少傾向を示している。東京都での感染者数の凄まじい増加を見て、大方の国民が危機感を感じ、政府が緊急事態宣言を発する前から、減少傾向が見られたと推測している。10日から2週間のタイムラグを考えるとそうであろう。もちろん緊急事態宣言による外出、外食の自粛要請の効果も加味されて今のような継続的な現象につながっていることは間違い無いであろう。日本大学の広報にある「あと少し!あと少し!」と掛け声をかけたくなる気分ではある。一部の人たちは、年齢にかかわらず感染を助長している行動をしていることは想像に難く無い。しかし、大半の日本人は、自らの感染を恐れることもあろうが、社会全体のためにも自粛の努力をしている。今のところは罰則もないにも拘らずだから、世界的に見ても誇れる部分もあると思っている。これからのワクチン接種についても、いろいろ不安や恐れもあるだろうが、自分のためにも社会のためにも積極的に接種するという気運に従おうと考えている日本人は過半であろう。自分あっての社会、社会あっての自分ということも、このコロナ禍が教えてくれた大切なことと思っている。
それにしても、この1年の出来事はいろいろなことを我々に教えてくれた。僕の「幸せ論思想家」としての思いにも、いろいろとヒントを吹き込んでくれた。今後は「豊かさ・幸せを哲学する」のコーナーを中心に書き進めたいと考えている。もちろんこのコロナのコーナーでも、新しい事態が起こるたびに意見を上梓したいと考えている。

▲ページ上部へ戻る