Home

掲載記事一覧

  • 127 Entries
1  2  3  4  5

 

200409新型コロナウイルスに対する見解、考え方24 自粛要請 休業補償 痛み分け - 掲載日: 2020年04月09日
200408新型コロナウイルスに対する見解、考え方23 緊急事態宣言の考え方 - 掲載日: 2020年04月08日
200406新型コロナウイルスに対する見解、考え方23 一体いつまで? - 掲載日: 2020年04月06日
200406新型コロナウイルスに対する見解、考え方22 怖い命の選別?見えざる不公平も! - 掲載日: 2020年04月06日
200402新型コロナウイルスに対する見解、考え方21 軽症者病院設立は待ったなし - 掲載日: 2020年04月02日
200402新型コロナウイルスに対する見解、考え方20 自宅退避はウイルス撲滅の武器だ - 掲載日: 2020年04月02日
200327新型コロナウイルスに対する見解、考え方19 コロナが教える人の道 - 掲載日: 2020年03月30日
200327新型コロナウイルスに対する見解、考え方18 ウイルスが広まるのではなく、人がウイルスを広めるのだ - 掲載日: 2020年03月27日
  • 標題の「ウイルスが勝手に拡散するのではなく、人がウイルスを拡散するのである」という内容の言葉は、僕のオリジナルではない。COVID-19で21歳の若さで亡くなった英国の女性の叔母様の言葉の邦訳である。姪を亡くした悲しみの中から、振り絞ったメッセージであろう。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療 | 生き方・趣味
200324新型コロナウイルスに対する見解、考え方17 医療人の献身に脱帽 - 掲載日: 2020年03月24日
  • 医師を中心に医療人たちは、自己犠牲を省みることなく献身的な活動をしている様子がニュース映像の中から垣間見られる。政治家や経済人(商売人)が権力や経済(お金)をひたすら追い求める習性があるのに比べて、医療人の献身性、社会貢献へ心が向かうという習性は世界共通なんだなと、こんな危機の最中に再認識した。
  • Category: ちょっと一言 | 医学・医療 | 政治・経済 | 生き方・趣味
200323新型コロナウイルスに対する見解、考え方16 勉強、我慢、辛抱、自宅退避 - 掲載日: 2020年03月23日
  • 世界中のCOVID-19の広まりは、日々深刻さを増している。そんな中で、患者数データをイタリアやスペインなどと安易に比較だけしていると「日本は大したことない。大騒ぎして自粛するのは馬鹿みたい」と思ったら、それは本当の馬鹿だ。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療
200317ちょっと嬉しかったこと 格好いい若者 - 掲載日: 2020年03月17日
  • 先週、所属するMカントリークラブでのプレー中の出来事である。その日キャディーさんを務める若い男の子が、自分の体で僕を庇うように後ろに乗っかって来たのである。咄嗟のその判断、常日頃からの心構えがないとなかなかできないものだ。
  • Category: ちょっと一言 | 生き方・趣味
200317新型コロナウイルスに対する見解、考え方15 頑張れ!医療関係者 - 掲載日: 2020年03月17日
  • 毎日、暗いニュースの連続で、「コロナ疲労」が全国に広まっているようだ。しかし、落ち着いて世界の状況を見ると、日本の医療体制の素晴らしさ(レベル、安定度、医療者の情熱、国民誰でも、安価などなど、、、)に改めて感心し、同じ医療業界人として誇りにも思っている。だからこそ、そんな日本の医療体制を大切に温存しながら、この危機を乗り越えたいものだ。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療
200313新型コロナウイルスに対する見解、考え方14 格好いい富裕者求む! - 掲載日: 2020年03月13日
  • あまりセレブ業界のことは縁遠く分からないし具体的な試算はしていないが、例えば、年俸5000万円以上の部分は所得税を95%、過去3年以上黒字の企業法人税を90%、フルタイムできちんと働いているのに年収250万円以下の人(上記法人税にすれば社員の給与を上げる法人は増えると思うが)には何らかの補助金を、とすれば消費税0としても十分にやっていけるのではないだろうか。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療 | 政治・経済 | 生き方・趣味
200313新型コロナウイルス対する見解、考え方13 経済をどう支えるか? - 掲載日: 2020年03月13日
  • 政府は「思い切った経済対策を考えている」と言っている。彼らにとっては、せいぜい消費税を10%から5%に下げる。しかも期間限定で、くらいではないだろうか?貧富格差が広がる面白くない世界をリセットする大チャンスとして、皆が驚き、拍手喝采する(一部の人たちは渋い顔をするだろうが)ような、「あっと驚く政策」を打ち出してほしい。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療 | 政治・経済 | 生き方・趣味
200311新型コロナウイルス対する見解、考え方12 専門家たちの声に耳を - 掲載日: 2020年03月11日
200310新型コロナウイルス対する見解、考え方11 少しわかってきたようだ2 - 掲載日: 2020年03月10日
  • とかく見えざる恐怖は恐い。逃げたり闘ったり放置しておいたりできないからだ。 今、世界中で新型コロナウイルスが恐れられているのは、その実態が掴めていないことが最大の理由だ。
  • Category: ちょっと一言 | 医学・医療 | 政治・経済 | 生き方・趣味
200310新型コロナウイルス対する見解、考え方10 個人でできること - 掲載日: 2020年03月10日
200310新型コロナウイルス対する見解、考え方9 政府の判断と医療判断学 - 掲載日: 2020年03月10日
  • 僕の提唱する「医療判断学」においては、「医師たちが診断した医学的結論の選択肢に対して、患者としてどのように選択し行動していくか」について、学問的に思考し、さらに実践的にはどうしていくかということを研究実践している。感染症の専門家委員会と政府の関係に似ている。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療 | 政治・経済 | 生き方・趣味
200304新型コロナウイルス対する見解、考え方8 少し分かってきたようだ - 掲載日: 2020年03月04日
  • 朝のワイドショーにしてもニュースにしても、コロナ関係の暗いニュースに溢れているが、よく聞いていると少しずつ分かってきていることもあるようだ。重篤患者さんの治療風景がテレビの映像で流れているが、現場の医師をはじめ医療スタッフの献身的な活躍には日々感銘を受けている。今朝のニュースでは、喘息薬の一部に効果があるかもしれないとの報告があった。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療
200302新型コロナウイルス対する見解、考え方7 やっと出た学校閉鎖要請 - 掲載日: 2020年03月02日
200228新型コロナウイルス対する見解、考え方6 極端な意見にはなるが - 掲載日: 2020年02月28日
  • 今の事態は、国家的な全国民が関係する大問題である。ということは全国民を挙げて、戦わなければならない。富裕層たちに望むことは、生涯で使い切れないであろうと思われる分を差し引いた資産の半分(全部と言いたいところだが)をこ...
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療
200228新型コロナウイルス対する見解、考え方5 気になる病状 - 掲載日: 2020年02月28日
  • この2ヶ月の報道を見ていて、このCOVID19感染症の病状経過で気になることがいくつかある。最も気になることは、波状攻撃的な病状だ。最初発熱があって、咳もあり病院に行くが、その後数日勤務していたら、また悪くなり、肺炎...
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療
200228新型コロナウイルス対する見解、考え方4 僕ができることしていること - 掲載日: 2020年02月28日
  • 仕事上の約束は当然であるが、友人との遊びの約束でも無断で破ることはおろか、ドタキャンも66年の生涯ほとんど記憶にないくらいの僕にとって、非常事態である。かねてから、約束して計画していたいろいろなことが目先にもいくつか...
  • Category: ちょっと一言 | 医学・医療 | 政治・経済 | 生き方・趣味
200228新型コロナウイルスに対する見解、考え方3 遅すぎの突然の学校閉鎖 - 掲載日: 2020年02月28日
  • やっと政府として、国民に対して具体的な対策要請(命令)がなされた。「全国の小中高の全面閉鎖」、衝撃が走ったのは言うまでもないが、世間は「やむを得ない判断だが、もっと早く出して欲しかった」との見解が大方だったように感じた。国民の方が的を得た考え方だ。
  • Category: ちょっと一言 | 医学・医療 | 政治・経済
200226新型コロナウイルスに対する見解、考え方2  マスコミ情報の整理 - 掲載日: 2020年02月26日
  • ポイントは、「時系列」に情報を整理することと、「自分が実行できること」の情報の箇条書きをすることである。できればメモなどに残すのもいい。前者の意味では、状況に応じて意見を変えていく専門家は一概には批判できない。問題はそれを自覚しながら報道しているかどうかを明確にしているかどうかだ。専門家として、テレビカメラの前で話すことには責任がある。テレビ報道でよくあることだが、人の意見を切りはりしたり、時系列を変えることで、反対の内容になることも結構ある。我々、視聴者としては、できるだけ必要な情報だけを単純に並べることが重要だ。テレビでは話題性のあることを、何度も繰り返す傾向にあるから、過剰な不安を煽りがちである。出演者の個人的見解は、時には役に立つが、それを繰り返して見ているより、その時間を手洗いにかけた方が有効な予防策となる。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療
200226新型コロナウイルスに対する見解、考え方1 リーダーの必要性 - 掲載日: 2020年02月26日
  • まずは医療従事者として(医学作家として!)、なんとか皆さんに、マスコミで出回る情報の整理に役立つような話をしていきたい。 今現在、日本人の多くは不安でいっぱいである。そして「政府は何をしているのか?」と不満でいっぱいでもある。不安、不満は恐怖へと進み、さらには怒りにも発展する。不安の根源は「情報の真偽がはっきりしないことである」役人たちの言っていることが、なんだか奥歯に物が挟まっている感じがする。一般に、知識がないとやたら過剰に怖くなるか、知らぬが仏となり、無分別な行動をとってしまうから、始末が悪い。 不安の根源は、「リーダー不在」を感じ取ってしまうからだ。
  • Category: ちょっと一言 | 医学・医療 | 政治・経済
どうなるのか?新型コロナウイルス  2020/1 主侍医通信より - 掲載日: 2020年01月31日
  • パンデミックと呼ばれる感染症の爆発的蔓延を阻止するには、現在のところ、残念ながら封じ込め作戦以外にありません。 この基本に準じ、国としての対策と個人としての対策を可能な限り実行し、ウイルスの鎮静化や消滅を待ち、またワクチンの完成を急ぐことが重要です。   医学の歴史は、主に感染症との戦いとその他のことと言ってもよいくらいに、感染症は医学の大敵です。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療
200121 全人的医療の意味するもの   - 掲載日: 2020年01月21日
  • 専門特化して狭い視野にたちがちな現代医療に対して、若干の批判的意味合いも含めて「全人的医療」なる言葉がよく使われる。しかし、その使われ方は多彩であり、僕としても賛同できるものからかなり怪しげな使われ方に感じるものまでいろいろである。一般的に多いのは、心身医学の立場から身体的、精神心理的な両面から病気や健康を考えていく場合に使われる場合だ。
  • Category: 医学・医療 | 生き方・趣味
年末のご挨拶 2019/12 主侍医通信より - 掲載日: 2019年12月23日
  • 一体なぜ「年の瀬」は慌ただしいのでしょうか? 1年という大きな区切りの時でもあるし、お正月休みという長いお休みがあるからでしょうか。 お正月をお祝いし、梅や桜を楽しみ、雛祭りや端午の節句をお祝いし、梅雨は窓辺から見る「しとしとぴっちゃん」を憂いながらも「雨読」を愛で、七夕、お盆の行事で、思いを馳せ、暑い日は縁側でスイカをかじり種は新聞紙の上に飛ばし、スポーツと食欲の秋を楽しみながら、紅葉の時期を迎え、冬への心構えを準備していく。 ゆったりした感じではありませんか?
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 生き方・趣味
主侍医の考え 2019/9 主侍医通信より - 掲載日: 2019年09月30日
  • 「主侍医倶楽部」は、かかりつけ医の理想を示す模範モデルとして運営しております。 理想的なモデルということで、国レベルで運営する汎用モデルでは、かなりの部分を簡素にしないと成り立ちません。   主侍医契約を一言で説明すると、「契約は我々を信頼してくれる証であり、我々は契約者のかたを家族のような気持ちになり全力でサポートする」となります。 「いくらいくらで、このようなサービスをする」などを羅列できるようなものでなく、いわゆる「ビジネスモデル」として確立するような部類でないと私は結論づけています。
  • Category: ちょっと一言 | 主侍医からのメッセージ | 医学・医療

 

1  2  3  4  5

▲ページ上部へ戻る