imidas2005

安心できる医療に巡り合うために

imidas2005

健康欄 執筆

2005.1

(株)集英社 出版


密室医療から契約サービス医療へ移行?

医療の情報開示に基づき自己責任選択で自分の健康を守る時代。

元来、医師と患者の関係は「父親的温情主義」に近いといわれてきたが、医療技術の進歩、個人の様々な自由と権利の芽生え、契約・訴訟時代の台頭などの環境変化が生まれ、アメリカを中心にして「契約サービス業としての医療」という考え方が主流となりつつある。現状の日本国民は「医は仁術に基づくお任せ医療的安心」を心の中では望みつつ、「時代に即応した情報開示に基づく自己責任的医療」を推し進めていくべきだという矛盾を内包する、ある種の戸惑い状態にあるのではと分析される。しかし、自分の責任で医療を選択して治療を受ける傾向は進むだろう。

  • 病気への新しいアプローチ
  • 社会環境と病気
  • 健康管理のキーワード
  • 日常的な病気と対策
  • 新しい医療への挑戦
  • 変遷する医療の仕組み
  • 医療の品質管理

●imidas viewpoint

●2010年を展望する

    

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.