標準治療 2002・2003

あなたの最新治療がわかる本

標準治療 2002・2003

総監修 総編集

2002.4

(株)日本医療企画 出版


あなたが受けている「治療」は本当に安心できますか?

500疾患以上の安心できる「セカンドオピニオン」( 主治医以外の医師の意見)がついに誕生!

この1冊であなたが受けている「治療」が納得できる、全く新しい決定的な家庭版医学辞典

『標準治療 2002・2003』

2001年10月25日「読売新聞朝刊」 医療過誤 不信克服へ「標準治療」医療管理問題に詳しい岩崎栄・日本医大理事は「標準治療を示す試みが進んで、それが広く公開されるようになれば、医療事故の防止にもつながる。21世紀の医療は、まさに透明性と説明責任がキーワードだ」と話している。

2001年2月26日「日本経済新聞朝刊」 厚生労働省、病気別に標準治療法----指針作り検討、医療費のムダ削減厚生労働省は病気ごとに治療法の目安となる指針(ガイドライン)作りに乗り出す。現在は医師によって治療法がばらばらで有効性が疑わしい医療行為もあるとみられるためだ。指針によって医師に標準的な治療を促し、ムダを減らして医療費の抑制につなげる。

    

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.