あせはからだのクーラーだよ

笑顔

こどもの健康教室

あせはからだのクーラーだよ

笑顔

2000.8

保健同人社発行


つはお日さまがおおいばり。まいにちあつくて、おそとであそぶと、あせびっしょりになるよね。でも、あついと、なぜあせをかくんだろうね。
 みんな、おにわに水をまくと、すずしくなるのを知ってるよね。これは、あついおにわにまかれた水が、ゆげになるとき、まわりの熱をとってしまうからなんだ。大きなたてものには、水のこの力をりようするクーラーもあるんだよ。
 もう、みんな、わかったよね。あせは、からだがまいてる水なんだ。あせをかくことで、おそとがあつくても、ぼくたちのからだの中はあつくならないんだ。あせはからだのクーラー、ともいえるよね。
 なつにこのクーラーがないと、きっとたいへんだよ。あつくてあつくて、からだの中はお湯がわいたようになっちゃうから。
 そこで、だいじなことがあるよ。おとうさんやおかあさんとちがって、ぼくたちはからだが小さいから、あせをかきすぎると、からだの中の水分がすぐたりなくなるんだ。そうすると、からだのクーラーがじゅうぶんにうごかなくなって、とってもきけんなんだよ。だから、おそとであそぶときは、ときどき日かげでやすんで水をのもうね。こうすると、からだがあつくなりすぎることも、あせのもとになる水分がたりなくなることもないからね。

うひとつだいじなことは、おそとであそぶとき、ボウシをかぶること。あたまはとくにお日さまによわいから。これはかならずまもってね。どうせなら、大きくてすずしいムギワラボウシがいいよ。
 でも、むちゅうになってあそんでいると、ボウシはどこかへいっちゃうし、水をのむのをわすれちゃうかもしれないね。そんなとき、あたまがボーッとなったり、きもちわるくなったりしたら、さあ、たいへん。これはからだが、「お水がたりないよー、あついよー」っていってるしるし、からだの赤信号なんだよ。

おそとであそんでいるとき、お友だちがこんなふうになったら、どうしたらいいんだろうね。まず、みんなですずしい日かげにねかせて、水をのませてあげよう。それからかならず、だれかがおとうさんやおかあさん、せんせいに知らせにいこうね。とくに、お友だちがぐったりしたり、口をきかなくなったら、すぐ、おとうさんやおかあさん、せんせいをよんでくるんだよ。とってもぐあいがわるいときには、いそいでびょういんへつれていかなきゃならないこともあるんだ。
 たのしいなつやすみ。ボウシをかぶって、お水をのんで、ときどき日かげでひとやすみ……この三つをわすれないで、うんとあそぼうね。

    

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.