はをみがこうね

笑顔

こどもの健康教室

はをみがこうね

笑顔

2001.3

保健同人社発行


んな、ごはんのあとやねるまえに、ちやんとをみがいているかな。「いやだな-、さぼっちやおう」って子はいないよね。
をみがくことは、とってもたいせつなんだよ。なぜって、ぼくたちのは、ちょうど、こどものがおとなのにかわるころで、すご-くむしばになりやすいんだ。むしばになると、ズキズキいたむし、いやだよね。でも、それだけじやないんだよ。こどものがむしばになると、おとなのがへんなかっこうではえてきたりするんだ。そして、おとなのになってむしばになると、はいしゃさんにいっても、もとにもどらなくなるんだ。

では、をみがかないと、なぜ、むしばになるんだろうね。これは、たべもののカスがおくちのなかにのこっていると、むしばのパイキンがどんどんふえて、ついでに、をとかしちやうからなんだ。とくに、むしばのパイキンはあまいものがだいすきだから、おかしをたべたりジュースをのんだあと、はをみがかないと、たいへん。パイキンたちはおおよろこびで、せっせとむしばをつくっちゃうんだ。

だから、むしばになりたくなかったら、おくちのなかをいつもきれいにしておこうね。ごはんのあとやねるまえに、かならずはをみがいて、パイキンにエサをやらないようにしよう。おやつのあとも、みがいたほうがいいよ。こうすれば、わるいパイキンたちはおなかがへって、むしばをつくれなくなるからね。

をみがくときは、ハミガキコをたくさんつけてゴシゴシガリガリじやなくて、ハミガキコは少しにして、そっとていねいにみがこうね。ぜんぶのをきちんとみがくことも、たいせつだよ。とくに、おくばをわすれないでね。おくばはデコボコがたくさんあるから、たべもののカスがたまりやすいんだ。それから、のあいだも、ていねいにみがいてあげようね。

    むしばのパイキンをやっつけるには、をじょうぶにすることもだいじだよ。ぎゅうにゅうやチーズ、まるかじりできるおさかな、ひじきやわかめなどをたくさんたべると、みんなのはがげんきになって、むしばのパイキンにまけなくなるんだ。

むしばのことをしらべているせんせいたちは、「おじいちやんやおばあちやんになったとき、はがたくさんあるとながいきできる」っていっているよ。ぼくたちも、げんきでながいきできるように、おとうさんやおかあさんといっしょにをみがこうね。

    

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.