かぜ、どうすれば なおるの

笑顔

こどもの健康教室

かぜ、どうすれば なおるの

笑顔

2001.1

保健同人社発行


ぜのはんにんは、ウイルスという小さな小さな生きもの。ざんねんなことに、このかぜのはんにんを、ちょくせつやっつけるおクスリは、まだみつかっていないんだ。

でも、だいじょうぶ。ぼくたちのからだのなかには、びょうきとたたかう力(「めんえき」っていうんだ)があって、じかんはかかるけど、かぜのはんにんを、やっつけてくれるんだ。かぜをひくと、ねつがでるのは、このからだの力が、はんにんとたたかっているしょうこなんだよ。そこでだいじなのは、かぜをひいたとき、からだがうんと力をだせるよう、ぼくたちが、おうえんすることなんだ。そのためにはまず、あたたかくして、ねていようね。それから、おかあさんがつくってくれたごはんを、しっかりたべようね。こうすると、ぼくたちのからだはがんばって、かぜのはんにんを、やっつけることが、できるんだよ。かぜをひくと、おかあさんはすぐ「ごはんを食べたら、ねていなさい」っていうけど、あれって、やっぱり、ただしいんだ。

おいしゃさんがくれたおクスリも、わすれないで、ちゃんとのもうね。おクスリは、かぜのはんにんをやっつけることは、できないけど、ねつや、のどのいたみ、せきなどをとってくれるんだ。

おクスリをのむと、からだがらくになって、かぜのはんにんと、たたかいやすくなるんだよ。それに、おクスリには、からだが、よわっているとき、ほかのびょうきが近づいてこないようにする力もあるんだ。「おクスリってイヤ」って、だだをこねちゃ、だめだよ。

もうひとつ、かぜをひいたら、水分をたくさんとることもだいじだよ。ぼくたちのからだは小さいから、かぜで、おなかがこわれたり、ねつであせをかいたりすると、水分がすぐ、たりなくなっちゃうんだ。だから、お茶や、さましたお湯をたくさんのもうね。「かぜのときにはスポーツドリンクがいい」っていう、おいしゃさんもいるよ。でも、あまりつめたくしないでのもうね。

かぜをひいちゃったら、みんなとあそぶのは、しばらくがまんしようね。だって、おともだちにかぜをうつしたら、こまるもの。あたたかくして、ねていれば、2、3日でかぜはなおるから、また、みんなとなかよくあそべるよ。

    

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.