グローバルより顔なじみ⑤ 策略は名誉の友よ コリオレイナス!

 

2004.5~2005.4

グローバルより顔なじみ⑤
策略は名誉の友よ コリオレイナス!

ばんぶう

2004.9

日本医療企画


先日、劇団昂のシェイクスピア公演「コリオレイナス」を観劇した。勇敢な武将であるが、プライドが高く、執政官に推薦されるも民衆への媚びた挨拶をどうしてもできない。「なんでも慣例に従ってやらねばならぬというのか? そうであれば昔からの塵がそのままたまり、間違いばかりが山のようにうず高く積もり、真実は埋もれかくされるだろう」
 なんとか息子を名誉ある執政官にしたい母親ヴォラムニアは説得する。その時の殺し文句が「策略は名誉の友よ」なのである。シェイクスピアを見るたびに、400年たっても、人間は同じことをやっているのだなあ、と思う。それだけ臨場感を持って語るシェイクスピアの凄さなのであろうが、人間の心自体は何百年も何千年も進歩していないのだと痛感する。意識しているか潜在意識かは別として「策略は名誉の友だ」と自己を納得させている利権政治家や出世ばかり考えるサラリーマンなど例を挙げればきりがない。私は、自分の身の回りに「策略は名誉の友」と思いそうな人を少なくとも半数以下にしたいと考えている。格好をつけて言っているのではなく、人生の後半に際し、数多くの(グローバルな)知人より、少数でも安心できる顔馴染みの友人たちと過ごす時間をなるべく多く持ちたいと考えるようになった。仕事でも、少数精鋭の信用・信頼できるスタッフとともに、心から信頼してくれているクライアントのために、身も心も知恵も捧げたいと願っている。人の価値観は同じようで人により随分違う。大きく分けて二つあるように私は思う。若干哲学的な表現になるが「自分に近い考え方の人々」と「その反対の人々」である。もちろん、時には「ブルータスよ、おまえもか?」とがっくりくるのは仕方のないことではあろうが。

    

Copyright ©2013-2018 Terashita Medical Office Allrights All rights reserved.